L総合事務所 | 私にお任せください!!

【相続人はだれ?】誰が相続人になるの? 将来の相続に備えて必ず知っておきたい相続人のこと!

「もしかしてあの人も相続人になるのかな?」
「誰が相続人になるのか分からないと、いざというときハンコの貰いようがない」
「相続人になったら何をしなければならないの?」

 この記事ではこういった疑問にお答えします。

相続人には第一順位、第二順位、第三順位がある

ご家族がお亡くなりになったら、相続の手続きをしなければなりません。しかし、いったい誰にハンコを貰いに行けばいいのかすらわからないということも多くあります。

まずは、相続人には順位があることを覚えておきましょう。

  • 第一順位・・・子(孫、ひ孫)
  • 第二順位・・・両親(祖父母、曽祖父母)
  • 第三順位・・・兄弟姉妹(甥姪)

☆配偶者(夫、妻)は必ず相続人になります。(離婚されている場合は相続人になりません)

各順位に一人でも相続人がいれば次の順位の方は相続人になりません。例えば子供が0人の時に初めてご両親が相続人になりますし、そのご両親も共にお亡くなりになっている場合に、ようやく兄弟姉妹が相続人になります。

(  )は相続人になるべき子や両親などが先に亡くなっていた場合に代わりに相続人になる方です。これを代襲相続(だいしゅうそうぞく)と言います。

相続人簡単フローチャート

簡単なフローチャートをご用意しました。一緒に法定相続分も記載していますので、ご自分の場合はどのパターンになるか確かめてみてください。

相続人と法定相続分

A:子供(1/2) + 配偶者(1/2)
B:両親(1/3) + 配偶者(2/3)
C:兄弟姉妹(1/4) + 配偶者(3/4)
D:配偶者のみ

ここで注意してほしいのは、子供や両親、兄弟姉妹は全員での持ち分だということです。

例えば配偶者と子供が3人いる場合は「配偶者が1/2、子供が一人あたり1/6の相続分(1/2÷3人=1/6)」になります。

「数次相続(すうじそうぞく)」という例外もある

相続の手続きで最も注意したいのは「数次相続」というものです。これは例えば、お父様が亡くなって相続手続きをしようとした際に、おじい様やおばあ様の名義のまま放置されていた不動産や銀行口座等がある場合です。

こうなると本来相続人にならなかった方が相続人になってしまうことが非常に多く、「いとこにハンコを押してもらわなければいけない」「夫の兄の子供たちとその奥さんのハンコも必要になった」といったことが起こり得ます。

相続の手続きをきちんとしていないと後々のトラブルにもなるため、早めに手続きをしておくことが大切です。

法定相続分ってなに?

遺産をどう分けるかというのは、その相続人たちで自由に決めることができます。とはいえ何の目安もないというのも問題なので、法定相続分というものが法律で定められています。

「最低限これだけはあなたに権利がありますよ」というものですが、もちろん最初に書いた通り、相続人同士で自由に決めて全く問題ありません。

もしも相続人同士で揉めているなどの場合は「法律での目安はこうだから」ということで、法定相続分通りにすることを提案してみてはいかがでしょうか。

相続人は何をしなければならない?

さて、相続人になった場合は何をしなければならないのでしょうか。

それは当然ですが相続手続きに協力することです。例えば戸籍を取りに行ったり印鑑証明書と実印を用意したりというのが代表的でしょう。相続の手続きは遺産を引き継ぐ、引き継がないにかかわらず相続人全員が協力して進めていくことが必要です。

なので、そういう手続きに協力することが難しい場合は相続放棄をすることが手早い方法です。しかし相続放棄には期限があるため注意が必要です。

>> 相続放棄についてはこちら相続放棄1」「相続放棄2

まとめ

いかがでしたでしょうか。

相続人がだれになるかわからないと「あの人は相続人になるのか」「たぶん違うと思うけれど、もしハンコが必要だと言われたら・・・」といった不安が積み重なっていくことになります。

そういった不安を解消するためにもしっかりと相続人が誰かを分かっておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA